気ままに気まぐれに

気ままに気まぐれに

ゲームの攻略とか愛犬とのアウトドアとか

友達とキャンプ道具を買いに行ったお話

今週末は久々に友達とキャンプ

友達は初心者なので一緒に買い物

行ったんだ

 

そういえば私も最初はこうだったな~って

ちょっと懐かしかった

 

当時の私は何にもわかんなくって

とりあえずテントと小さいテーブルを買ったんだ

 

アウトドア自体はやってたから

クッカーとか小物はそろってて

テントがあれば何とかなるだろう

と思ったんだけどね・・・

 

初めてソロキャンプのときの持ち物

  • テント
  • 家にあったブルーシート
  • シェラフ(封筒型のやっすいやつ)
  • サイドテーブルのハイタイプ
  • ガスストーブ
  • クッカー
  • おはし
  • 折りたたみ椅子(背もたれの無いちっさいの)

 

たったこれだけ

ちっさい椅子は腰が痛くなるし

テーブルは小さすぎて食材が乗らないし

直に寝たから体が痛くなるし・・・ 

 

やってみないとわからないもんだよね~

  

だから「何が必要?」って聞かれると

ちょっと困っちゃってね

一緒に買い物に行くことにしたんだ

 

その時の友達の「なるほどポイント」をあげてみるね

 

  • テントの表示人数は大人の人数ではない
    3人用なら大人2人など・・・
    1人の横幅は60cmは必要って覚えておけば
    サイズを見て何人用かわかるはず!

  • シェラフの温度表示に+10~15℃を目安にする
    特に冬用の「最低使用温度」なんて書いてあったら注意!
    数時間生きていられる温度と思えばよし!
    もちろん知識があって準備をすれば
    それに近い温度でも寝ていられるけど・・・

  • キャンプ道具のマットは高いので銀マットがおすすめ
    高いものの利点は重さと収納時の大きさ
    オートキャンプなら不要だと思う
    厚いのが欲しいなら買うしかないけどね

  • 枕があると快適度はぐっと上がる!
    下が固い地面だから枕の有無で
    寝心地がかなり違う

  • 経験が無いのに100均なんかで代用しようと思わないこと!
    「安物買いの銭失い」とはこのこと
    小物なんかはいいけど、ちゃんとした道具の方が
    利便性は段違い!
    ただ、高い・・・
    そこの見極めはやっぱり経験するしかないなぁ

  • 一番は経験者と一緒に買い物に行く!
    私もベテランじゃないけど経験則から判断できるしね

 

「一緒に選んでもらえて良かった」って

喜んでもらえたのは嬉しかったなぁ

いきなり不便なキャンプ場に連れて行くけど

(予約が取れなかったんだ・・・)

楽しいと思ってほしいなぁ

 

せめて年に1,2回は行きたいと思ってもらえたら

道具も無駄にならないしいいんだけどなぁ

 

特別なことは何もしない

そんなキャンプが好きになってくれたら

たまには連れ立っていくのも面白いだろうなぁ 

 

うちのわんこは怪我続きでなかなか連れて行けなくってね

おっさん1人のソロキャンプは寂しいのだよ・・・