気ままに気まぐれに

気ままに気まぐれに

ゲームの攻略とか愛犬とのアウトドアとか

CPUは何を選ぶか悩ましい・・・

用途や予算によって

最適なものは変わるけど

私にとって何が最適なのか・・・

 

高負荷がかかる用途は2つ

ゲームと動画編集だ

ゲームはフルHDまでだし

動画編集も4Kとかはやらない

なのでミドルハイ当りが一番狙い目

 

まず価格帯だが3万円後半になると

高いと感じる私ですので

2万~3万5千円まで!

MBもメモリも買い足さなきゃなので

それ以上は出せん!!

 

価格帯から対象となるのが

i5 9600K(35,000円)

i5 8400~8600K(28,000~33,000円)

Ryzen 5 2600~7 2700(20,000~33,000円)

 

コスパで言えばRyzenが圧倒的なんだが・・・

ひとつ看過できないデメリットがある

それはコアモジュールが2つになっていること

 

1つのコアモジュールに4つのコアが搭載されていて

それが2つ乗ることで8コアにしてるんだ

このことでソフト側の最適化がめっちゃ遅れてる

Adobeにいたってはそんなの知るかとばかりにガン無視!

※そもそも4コアまでしか対応してない

エンコードが遅いのもそのせいだと言われてる

 

そもそもコアモジュール間での通信がある以上

そこに遅延が発生するのは仕方がないことだ

 

往年のPCファンは記憶にあるだろうが

PentiumDというのがあったんだ

2ソケットのMBなんてものもあったなぁ

爆熱時代が懐かしい・・・

 

CPUを選ぶうえでもうひとつ重要なことがある

そればチップセットだ

CPU換装とかはいつでもできるが

MBから交換する場合、OSの入れ直しやら

ドライバーの入れ直しやら、相性やら・・・

まぁ最初からやり直しなわけだ

 

なので!MBは長く使いたい!

 

Intelの最新チップセットはZ390

これが何がいいかというと

USB3.1 Gen2が6ポートサポートしている

今は少ないがそのうち対応商品が増えるはずだ

 

なんせGen1の倍だからな・・・

今は持っていなくても付けておきたい

スマホもそのうちGen2になるだろうしね

今期の機種でもGen2があった気がする

記事を書いといて忘れてる私ですw

 

因みにAMDのX470やX370は2ポートのみ

なのでType-CとAひとつずつってMBが多いんだよね

ポートの形が違うと取り回しが大変だから

同じ形が複数欲しいところ・・・

 

Ryzen2に合わせてチップセットも出すだろうから

その時増やすのかな

 

と、ちょっとわき道にそれちゃったけど

長く使うためには先のことも考えなきゃならん

ってことで、Z390にi5 9600kという

あんまり面白くない組み合わせになりそう・・・

 

まぁCPUは8400にしておいて新しいのが出たら

換装するって手もあるけどね

価格差が5,000円以上あるしどうせ買い替えるなら

安い方がいいからね

 

しかし、IntelはHTやめるんかねぇ・・・

せめてi7、K付はHTつければいいのになぁ

9世代はガッカリな感じ・・・

 

 

総合的に見てまたIntelになりそうだけど

安価で8コア16スレッドは魅力なんだよなぁ

なんにせよ選択肢が多くて悩ましい現状は

ユーザーにとってはありがたい

Intel1強時代は悩む必要が無かったからな・・・

 

悩んでる時は楽しいので

悩みまくって1台組もうと思う

組んだら記事にしたいが

きっとブログのことなんて忘れて

夢中になって組んでるんだろうなぁw

 

ではでは~